乳腺外科について

当院の乳腺外科では、乳腺に関する全般的な診療をいたします。乳房にしこりを触れる、乳房に痛みがある、乳房が張った感じがする、乳汁が出るなど、乳腺に関して少しでも気になる症状があるような場合は、一人で悩んでおらずに、お気軽にご相談ください。皆様の乳腺「かかりつけ医」として、親身で丁寧な診療をいたします。なお、マンモグラフィーを用いた乳がん検診は行っていませんので、必要に応じて他院をご紹介します。

乳腺外科について

乳腺外科で扱う主な症状

  • 乳房を触るとしこりのようなものを感じる
  • わきの下にしこりがある
  • 乳房が腫れてきた
  • 乳房が熱を持っている
  • 乳房に痛みがある
  • 乳頭が窪んできた
  • 乳房に潰瘍が出来た
  • 腕を持ち上げると痛みがある
  • 乳頭から赤色や褐色の分泌液が出る
  • 乳首がただれてきた
  • 乳がん検診などで要再検査と言われた

乳腺線維腺腫

乳腺線維腺腫は20~30代の女性に見られる良性腫瘍の一種です。乳がんなどの悪性疾患のこともあるので、専門医の診察を受け、疾患の有無を確認しておきましょう。なお、乳腺線維腺腫との診断が確定していて大きな変化が無ければ、手術をせずに定期的な診察で経過を観察します。しかし、急速に大きくなったとき、または患者様に摘出の希望があるようなときは、手術をすることをお勧めします。その際はご希望の病院をご紹介します。

乳腺症

女性ホルモンのバランスが崩れたことによって乳腺に腫れや張りが生じたり、乳腺の痛みや灼熱感などが起こる状態を総称し、乳腺症と呼んでいます。乳房が張ってきた、圧痛を感じる、境界明瞭でないしこりを触れる、といった症状が見られることが多く、特に30~50歳の女性に起こります。視診や触診などの検査で腫瘤やしこりを認めた場合には、乳がんが隠れていないかを精査する必要があります。しかし、痛みが強いような場合にはホルモンブロック剤などによる治療を行います。通常は経過観察しますが、痛みで日常生活に支障をきたすようなら、鎮痛剤等を処方します。

乳がん

乳管などの乳腺組織に発生したがんです。様々な要因が積み重なることによって乳腺組織の一部の細胞が変異してしまい、がん細胞となって増殖していきます。乳がんは、早期で発見が非常に大切で、近年早期の場合は、ほぼ治癒できます。月1の入浴時の自己検診をお勧めします。いつもと触った感じが違うときは、早めの受診をしてください。